待望の・・・

本日の風はひんやりと冷たく、

少し長い距離を歩くのにはちょうど良いくらいの風ですね。

 

一駅分歩いても汗がダラダラではなく程よい感じで

気持ちよくてどんどん歩けそうな気分になりました。

「就労準備型」放課後等デイサービス

Rickeyアカデミー仙台青葉通の桑嶋です。

いよいよ秋が近づいてきたなぁと感じますね。

夜になると帰り道にチリリリリリと虫の声がするようになり

つい先日までオニヤンマがブンブン飛び回っていたのが

ほとんど見かけなくなってきました。

少しさびしいですが私にとっては待望の季節がやってまいりました。

 

先日もキャンプへ行ってニジマスやキノコなどのバーベキューを

楽しんでまいりました。

ついでに芋煮も作ってキャンプ仲間からは大好評でした!

私が作ったのは仙台芋煮なのですが、山形風もおいしいですよね。

よくそのあたりでどっちにするか議論になるのですが、

今回は皆が芋煮を知らないということで私が作れる仙台風でまとまりました。

 

十数名での大型バーベキューでお鍋が空になるまでみんなきれいに平らげてくれました。

皆で里芋の皮むきをしたり、他の野菜を切ったり、

中でも取り合いになったのはごぼうのささがきでした。

仲間の一人がやっているのを見て

「鉛筆削ってるみたい!」「楽しそう!」「俺だってできる!」と

次々に挑戦してごぼうが山盛りになりました。

大人でもこんなにはしゃぐのですから、お子さんたちにはもっと

魅力的な作業に見えるのかもしれませんね。

 

大人になってからもいろいろな事に興味を持てる、楽しむことに気が付く、

そこがキャンプの凄いところです。

某テレビ番組でも特集があり、「不便を楽しむもの」として紹介されて

「なるほどなぁ」と思わされました。

全部自分たちでやるからこそ、自分ができることが自然と役割になって

得意分野が活かせる。

仲間が大変そうなら手伝うので新しいことを覚える。

新しいことには大変なこともありますが、やはり「できた!」の瞬間が

待っていることによって満足感が得られ、大人になっても新鮮な体験が

できるんですよね。

毎日色々なコーチが行うメインプログラムに挑戦してみる。

自分自身で得意な分野を活かすことを目標として活動できる。

自分の苦手や得意を見つけたり、のびしろをのばすサポートを

させていただくのがこの「就労準備型」放課後等デイサービス

Rickeyアカデミー仙台青葉通です。

ぜひ一度活動に参加してみませんか?

アカデミーにお越しいただくだけでもそれが新しい一歩、

既に道が広がることに繋がっているかもしれませんよ。

 

文責:

就労準備型 放課後等デイサービス

Rickeyアカデミー仙台青葉通

桑嶋

 

電話 022 – 398 – 3931
メール rickey.a.sendaiaoba@gmail.com

 

放課後等デイサービス 放デイ 子ども 障害児 障がい児 生徒 中学生 高校生 学習支援 療育手帳 通所受給者証 仙台 仙台市 宮城 宮城県 障害 障害者 障がい 障がい者 精神 発達 アスペルガー 自閉 自閉症 身体 知的 視覚 聴覚 難病 就労 就労移行 就労移行支援 就労支援 就労支援施設 福祉 サービス うつ 統合失調症 広汎性 不安 支援 就職 定着 サポート 働く 障害福祉 運動 プログラミング プログラマー ひきこもり 生活困窮 手帳 施設 ロボット ペッパー pepper 就労支援センター