万葉集 梅の花三十二首 序文

本日、こちらはあいにくの空模様ですが、

東京では桜の花が咲く良く澄んだ青空が見えたそうですね。

新元号が発表されると同時に仙台の空も

心なしか明るくなったような気がしました。

 

皆さまの周りでは何か明るい変化はありましたでしょうか?

「就労準備型」放課後等デイサービス

Rickeyアカデミー仙台青葉通の桑嶋です。

 

新年度を迎え、更に気を引き締めてアカデミー生

ひとりひとりに合わせてともに歩んでいきたいと思います。

本年度も何卒よろしくお願い致します。

 

さて、どこもかしこもおそらくこの話題でしょう。

「新元号」

総理大臣からも「希望に満ち溢れた、

新しい時代につながるような新元号を

決定したいと思います。」との言葉がありました。

 

 

調べてみたところ、由来となった万葉集の序文は、

とても爽やかな春の薫り、

季節の花や月の様子が散りばめられた

心の躍るような表現の歌でした。

 

新元号は、

「令和」

これを決めるには有識者の方々が出してくれた候補から、

官房長官が検討や整理をするそうです。

その条件とは…

①国民の理想としてふさわしい良い意味を持つ

②漢字2文字

③書きやすい

④読みやすい

⑤これまでに元号や天皇のおくり名として用いられていない

⑥俗用されているものではない

これらにあてはまるように元号を考え、

官房長官が総理大臣に報告して元号が決まるそうです。

 

 

とても大きな決定ですが、アカデミーでも

日々、活動計画をアカデミー生自身が考え、

選択、決定してコーチに報告をします。

 

この流れ…元号を決めるのと何となく似ていませんか?

アカデミーでできること、やってみたいことから

計画を立ててコーチに報告。

そして、それが実行されてふり返ることで日々の成果につながります。

 

【報・連・相】

これが、日々の生活から元号などの大きな決め事にも欠かせない

非常に大切なものだと改めて感じられますね。

仕事をしていく上で大切になる事を

本日もアカデミー生はコツコツと積み上げていきます。

 

 

文責:

就労準備型 放課後等デイサービス

Rickeyアカデミー仙台青葉通

桑嶋

電話 022 – 398 – 3931
メール rickey.a.sendaiaoba@gmail.com